読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

元ピアノ運送屋の体験・転職記

元ピアノ運送屋の経験(裏話)や転職の話しを書こうかと思います。

気管支喘息と分かるまでの辛くながーーい日々

雑記

f:id:kurotonbo:20170225232054j:plain
最初は風邪かな?と思いました。
のどがイガイガして、なにか違和感がある感じでした。ただ、熱やけだるさは無かったのですぐに治ると病院へ行かずにいました。そこまでひどいせきではなかったので・・・
一週間後昼間はいつも通りでしたが
夜、布団で横になるとせきが止まらない!!
これはまずい!!と思い病院へ行くと風邪と診断され薬が出されました。しかし、2日たっても3日たっても良くならず・・・・・また病院へ行くも様子をもう少し見ることに。そして、最初に受診してから一週間後・・・・・・悪化していました。再度病院へ行くと先生が地元で一番大きな大学病院へ紹介状を書いてくれました。

すぐに
大学病院へいくと精密検査をしてもらったのですが、肺・血液に異常はなく綺麗だといわれました。
ただ担当医に「かなりせきをしたせいで、喉が炎症しており、その炎症が治りかけるとまたせきをして炎症すると言う、悪循環を繰り返しているようだから」と強めのせき止めを貰いました。その薬のおかげで、一時は良くなったのですが一か月後・・・・
またせきが出始めました。
ただ、今度は一気に悪化せずに1年ほど掛けて良くなったり悪くなったりを繰り返した為病院へは行きませんでした。

一年後・・・・

ちょうど最後に受診してから一年が経った頃から急に悪くなりました。前回受診した大学病院へ行くも今度は薬が効きませんでした。
それでも何度か通ったのですが悪化する一方でした。
その頃から、一度せきをすると止まらなくなり、吐くまでせきをするようになっていました(吐きながらせきをするほど)
また、せきをし過ぎて常に胸の当たりが痛く、唾を飲み込むと喉が痛い・・・本当にしんどかったです。
特に夜、布団に入るとせきが止まらず、寝不足の日々が続きました。
一番問題だったのは、常に寝不足+せきが止まらないコンボで仕事中ぼぉ~としミスを連発するようになっていました。めっちゃ迷惑をかけちゃった。
 一向に良くなる気配がなかったので、インターネットで探したり、知人に聞いたりして、器官系の専門医のいる病院を受診することにしました。5つほど病院を変えてみたのですが良くならず。その間にも、状態は悪化・・・体力的にも精神的にも追い込まれ始め
(原因不明の病気なんじゃないか?俺死ぬのかな・・・)と思うようになり始めました。だって病院いっても原因がわからないんだもん!!
そして6つ目の病院で、県内ある器官系の病院を紹介してもらいました。その時、先生に
「ここは、最後に行き着く病院・・・まぁ最後の砦だから」
と言われました(そんなに俺やばいの?不安になるから!!そう言われると!めっちゃ不安になるから)



もちろんすぐに受診しました。私も生活に支障が出ており苦しかったので次の日に・・・すごい人気で3時間位待ったけど。
・病院ですぐにレントゲン検査・血液検査・アレルギー検査をしました。
そして、最後に肺活量検査?をしました。この検査は今まで受けたことのないものでした。

検査を終え問診へ行くと真っ先に先生に
「大変だったね。もう大丈夫だよ。治るから」
とすぐにいわれました。この言葉を聞いて心底ほっとしました。
「君の病気の名前はね気管支喘息だよ。」
と言われました(俺喘息だったんだぁ~)先生の話では、この病気は認知度が低く(俺も初めて聞いたよ)また通常の検査では発見が難しいそうです。その為原因不明で苦しむ患者さんが多いとか(私もその一人ですが)
 そして薬をもらい3日でせきが止まりました。すっごく嬉しかったですよホント。そして、1週間後に再度受診すると、アレルギー検査と血液検査の結果を教えてもらいました。まぁ要は病気の原因が分かったんだけど・・・・最大の原因はストレスでした。当時、私は仕事で毎日死にそうだったので良くわかりました。それ以外の原因はダニによるものでした(要はハウスダスト)。医者から言われた対処方法は、まずストレスを溜めないように(これは無理)・毎日掃除機をかけ常に部屋を綺麗にするよう言われました。言われたことをすべて実行はできていませんが(ストレス溜めないはホント無理です)その後再発していません。

最後に

・この病気で私は日常生活に支障が出ていました。そして毎日毎日、不安と痛みに苦しんでいました。もっと早く分かったらここまで苦しまずにすんだのかぁっと思っています。
私と同じような症状で苦しんでいる方がいたら気管支喘息について調べてみるか、詳しい先生を探してみてください。
この記事が困ってる人の参考になればいいなぁ・・・



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村