読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

元ピアノ運送屋の体験・転職記

元ピアノ運送屋の経験(裏話)や転職の話しを書こうかと思います。

ヤクザの事務所の中心で助けてと叫ぶ

f:id:kurotonbo:20170228212956j:plain
助けてください。
入社一か月目の僕をたすけてください。

いやーまさにこんな感じでした。
生きて帰ってこれて良かったよ。首が体と離れてないから大丈夫です。
私今も生きてます!!


この話は私がピアノ運送の会社に入社して一か月位経った
春の出来事です・・・・・・・・・

普通の仕事だと思ったんです

 その日の朝一発目の仕事は、駅近くの事務所から金庫を引き取ると言う案件でした(200kg位の重さ)


お客様(法人)の話では
・金庫はクレーン車で搬入したと言う事(階段が狭くて金庫が通らないとか)
・金庫の場所は、自社ビルの3階部分との事。
・時間指定なしでいつでも良いらしい。


大体こんな感じ・・・
3階と言うことで、高所用の特殊クレーンに乗って行くことに。ただねこのクレーン車みんな乗りたがらないんだよねー。

理由はね
すんごいオンボロ・・・もう作られてないから希少な車なんだけどね。乗り心地最悪で、揺れる揺れる~。シートにも大きな穴が開いていて座り心地も最悪。見た目もスクラップ寸前・・・。
それよりも問題なのは、クレーンを動かすとすっごいうるさいの
この車使うと、騒音クレームバンバン!!騒音車だね。


まぁこの車に、班長・副班長・私の3人で乗って行って、現場到着~ちなみに班長は社長ね!!
・副班長が事務所入り口探し+あいさつに向かう。同時に、班長がクレーン起動!!
ギギギギギぐおおぉぉぉぉーーーーーんん(耳を塞ぐレベル)
私は周囲の安全確認・・・・・
すると現場のビルからドラマを彷彿とさせるような・・・・やばそうな集団がドスの効いた声で
「なんじゃ⇧なんじゃぁぁぁ⇧⇧⇧」
とぞろぞろと・・・・

・・・・・これやばいよね明らかに普通の人じゃないよね!!やっべぇ~なんかっやっべぇぇ~。私パニック
・すぐに社長の方を見ると車に隠れて、お前行けって合図してる。
・副班長、逃走・・・・・
・私オロオロしてしまい見つかる。囲まれる。        
          ・
          ・
          ・
          ・
    人生終了のお知らせ 
ちきしょうぉぉぉぉ謀ったなぁ社長ぅぅぅぅ!!!俺を人柱にしやがったぁぁぁぁぁぁ
 その後何言われたか覚えてないけど、めっちゃ怒鳴られて。ビルの中へドナドナされていきました。


ちなみに社長いつの間にか消えてました。



ドナドナ中ドクン!ドックン!!と自分の心臓の音を聞ききながら
もうね、声も出ないのね。
今考えると、死期を悟った猫みたいな感じかなぁ~まぁ適当に言ってんだけどね(笑)



そして、事務所の中へ
完全に正気じゃなかったよ。
世界がグー⇧ルグル⇩
普通の会社の名前なのに~中は違うのね~♪
ドラマに出てくるヤクザの事務所じゃーーん!!!
で少し待って
出てきたのは、スーツを着た30代くらいの人。
見た目は紳士的なんだけど・・・・・・目がめっちゃ冷たい感じ。
・・・・で言われたのが
兄さん、作業する前にあいさつするもんじゃねんだぁ?それにあんなすごい音聞いたら誰だってビックリするよね?今何時か分かる?朝の8時だよね。近所迷惑だよね??分かる?ちょっと社会常識がないんじゃないの?」
と言われ!!はっとし
すぐに
命だけは!!・・・・助けてください(悲痛)
会話成り立ってないよね(笑)
そして穏やかに
「いやとらねぇよ(笑)こんなことで、警察に捕まりたくねぇし。」
と言うと。
「えっドラマチックに海に捨てられない?死なない??
これ本気で言ったからね


相手大爆笑!!その場にいた他の人たちも・・・
私ポカーン( ゚д゚)って感じキョロキョロ。
笑いながら
「ドラマの見すぎだぞお前wwwおめぇ面白れぇなwww大丈夫何もしないから、筋通しただけだから」
って言われ
ほっと。

最終的に今日の仕事はキャンセル!!
帰り際、何故かタバコ代3.000円貰った。

でオンボロ車乗って会社に帰ったら、
社長と副班長がいて
まず社長に
「いや~悪かったねごめんごめん(笑)」
と軽く言われ(てめぇぇ)
副班長には
「俺はやばそうだったからパチンコ行ってたわww」
俺が地獄見てた時にてめぇはパチンコかい⇧
ちなみにパチンコ、勝ったらしいよ



最後に

・やばくなったら社長が逃げる
・先輩が仕事中パチンコ屋に消えてしまう。
こんなお悩みを抱えた方いらっしゃいませんか?そのような辛い境遇の方転職はいかがでしょうか?


にほんブログ村 転職キャリアブログ 20代の転職・転職活動へ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村