読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

元ピアノ運送屋の体験・転職記

元ピアノ運送屋の経験(裏話)や転職の話しを書こうかと思います。

最果ての地、ブラック企業と言う底なし沼①

f:id:kurotonbo:20170308221711j:plain

社会保障なんてものは最初から無かった。
ピアノのような重量物を運ぶのに国民保険のみで働かされていた。



正社員で無かった。試用期間3か月と聞いていたが、3か月で正社員になった人はいなかった。


労災が無かった。株式会社なのに・・・正社員には当然あるべき労災が無かった。 悪質な労災隠しを繰り返していた。


ボーナスなんて当然無かった。月給は額面で多くて15万、少なくて10万を切る会社だった。いつも生活がきつくて、何も買えず、どこへも行けなかった。


いじめ、お金に関する事件が頻発していた。元暴走族や前科者が社員の8割以上を占めていた。ほとんどは、中卒で高卒は珍しかった。暴力や暴言によるいじめで、20代の社員は1年も続けることの出来ない会社だった。多くの新人は、いじめによるストレスで過呼吸症候群を発症していた。お金に関しても社員間で、取った取られたが頻発した。


労基が過去に3回以上入っていた。その事で、激怒した社長は社員の監視と厳罰化を徹底した。監視として社長は、社員の行動を逐一、会社に報告させた。報告を忘れると、事前通告無しに給料日に数千円単位で減らした。厳罰化はどんな小さなミス(伝票忘れや、挨拶のし忘れてなど・・・)であれ、発生した場合は数千円の罰金として会社に取られた。毎月2万円位減らされる社員はザラだった。


休みは月に2日ほどだった。労基が入った関係で会社はもっと休む用に言ってきた(所詮口だけだが・・)だが、基本給が日当計算で、残業無しで2日以上休むと月給が10万を割ってしまう・・・・だから休めなかった・・・・妻子がいる社員はパートの奥さんより稼げないと嘆いていた。





肉体的にも精神的にも辛く、全てが虚しかった。

ピアノ運送屋への入社

 知り合いの紹介で私は、ピアノ運送会社へ入社した。ただ、彼はこの会社を勧めなかった。理由はこの会社がブラック企業だから。働いている彼自身疲れていた。しかし、私も選んでいられないと思っていたので頼んだ。
家族や友人は皆反対していたが、私は聞く耳を持たなかった。うん私完全にアホだねww
労基が3回入ったことも内勤者(事務や電話営業)が一斉に辞めた事もきいたんだけど・・・お願いした。根負けした知り合いは社長に話を通してくれた。
後日、社長から直接面接の日の連絡を貰った。



そして、社長面接を受けた。
社長の印象は、
出来る実業家。年齢は40代で、この会社の3代目だった(要はボンボンでナルシスト)。面接では終始、社長がしゃべった。・・・・この仕事の素晴らしさと、今までの自分の実績と成果、そして夢を熱く熱く。
それを聞いてすごい!!ついて行きたいと思ってしまった(今思うと馬鹿だね)
そしてその場で内定を貰うと(受けると100%受かる会社なんでww)、二つ返事で入社を決めた。まぁ当時は選択肢自体なかったんだけどね・・・・



ただ、この選択によって私は落ちていった・・・
そこは底なし沼だった。這い上がることのできない・・・・・・



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村